さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

1 腎不全発覚前のさくら

さくらが病院に行って、かなり悪い腎臓の数値(bun140オーバー、クレアチニン11。3/22病院)と発覚した前夜の様子から振り返ります。

 

その何日か前から、少し元気がないかな?って思ってました。

 

しかしさくら自身がスナフキンのような性格で、わりと一人でのんびり過ごすことを好み、元気でのんびり過ごしてるのか、体調が悪く元気がないからゆっくりしてるのか、わかりづらいところがありました。

 

(もう一匹の同居猫、つくしはワンちゃんみたいな性格。ごはんは催促するわ、常に人のそばに居たがるわで、こちらは体調不良はわかりやすいネコです。)

 

 

しかし、何かおかしいぞ?と思った出来事がありました。

猫用に置いてある小さなこたつの上で、のんびり過ごして(いるように見える)さくらの横に、つくしが添い寝しようと近づいたとき、

 

シャーーーーッ!!!

 

とさくらがつくしを威嚇。

 

さくらは穏やかな性格です。

さくらが威嚇したのは、つくしを迎えた日と、みかんが亡くなった日だけ。

 

何かおかしい。なんか変だ。

そういえば、ごはん、食べてる?

(さくらは、ごはんも気ままに食べており、また2匹いるので各々の食事量が把握しづらいのです。)

抱っこすると、少し軽いような気がしないでもないけど、よくわからない。

元々さくら3.4キロ、つくし4.4キロで、さくらは軽い印象だからわからない。

体重計、しばらく前から電池切れで計れてない。

新しい電池の在庫がない。計れない…

 

 

さくちゃんが元気がないような気がする、

軽くなってる気がする、

でも体重計の電池がない、

とブツブツいう私に夫が、

『あ、今日電池もってきたよ(会社から)』

 

 

えーーー!

ナイスタイミング!!!

すごい、ありがとうー!

 

と言い、電池を入れて体重計が復活。

さくらをのせる。

 

 

 

3.0

 

減ってる。。。

400gの減少。

人間だと誤差の範囲内だけど、、、

猫だと、400gは大きいよね…

さくらだと、10%以上も減ってる…

10%の減少、自分に例えたら、誤差の範囲ではすまされない数字だ。

 

そういえば。

みかんのとき、病院連れてったとき、3.2キロが2.8キロになってたんだっけ。。。

病院連れてって入院して24時間点滴して、輸血して、頑張って治療したけど、、、1週間くらいで亡くなってしまったみかん。

そのときと同じくらい減ってる。。。

 

さくちゃん。

いつから元気がなかったの?

なんでもっと早く気づいてあげられなかった?

どうしようどうしよう。

明日朝イチで病院へ連れていかなきゃ。

 

 

夜中、またつくしにシャーーっ!と威嚇するさくらの様子を見ながら、祈るような気持ちで朝を待ちました。

 

 

 

(この日、なぜか電池を持って帰ってきてくれた夫に感謝。これがなければ、まずは電池を買いにいくことから始まり、病院に連れていくのが遅くなった可能性が高いから。一日の遅れが命に関わった可能性も高いと思うので、本当にこれが命の乾電池となりました)

 


f:id:kirinchane:20170421224559j:image

↑つくし。さくらにシャーシャー威嚇される。

 

↓ランキング参加しています。よければクリックお願いします=^_^=


にほんブログ村

 

<