猫 さくらの腎不全発症から回復までの記録

猫 腎不全、bun140オーバー、クレアチニン11からの回復の記録です。

4 点滴3-6日目 

点滴三日目。

昨日は回復の兆しを感じたものの、今日は前進なし。

むしろあまり食べなくなった。

そしてあまり出てこない。

じっとしてる。

じっと座ってる。

 

昨日が改善したからか、今日はもっと元気になると思ってたのもあり、意気消沈する。

ネットで猫の腎不全について読みあさる。

食べないネコちゃんには、シリンジなどで強制的にごはんを食べてもらうようだ。

 

夜、私の頭の上あたりで眠るさく。

さくちゃんの暖かさと毛並み。

ゴロゴロという音。

当たり前だと思ってたことが、こんなにも愛おしくて、幸せで、はかないものなんだということを噛み締める。

 

 

4-6日目

通院にも慣れはじめ、病院の待合いで周りを見回す余裕も出てきた。

半分弱がネコだ。

ネコを飼い始めた7年前あたりは、病院ではネコは少数で殆どワンちゃんだった。

ネコブームを肌で感じる。

さくちゃんと同様、点滴通院のネコもちらほら。

ネコが腎不全が多いってホントなんだな。

 

 

さくちゃんの食について。

あまり、食べない。

 

スキとあらば、さくちゃんの目の前に手にのせたフードを持って行く。

貰ったサンプルをはじめ、ネットで取り寄せた腎臓用フードなど。

あれやこれや。 

匂いづけに好きな焼きかつおをごく少量ふりかけたりする。

私の手の上には、フードのこんもりとした小さな山ができあがり。

 

2、3時間ごとに目の前に差し出す。

食べたり、食べなかったり。

食べでも5粒から10粒くらい。

 

フード裏面の体重別必要カロリーを見る。

さくちゃんは3キロ弱だから、170キロカロリーくらい、、、45グラム???

 

さっき、5粒から10粒食べたけど、、、、

 

これを何回繰り返せばいい?

 

フードを計る。

 

さっきので10粒くらいで3グラムくらい!?

 

3グラム!?

 

 

必要な45グラムまで、15回!?

 

 

こんなに頻繁に目の前にフード差し出しても、食べるのはそのうち3回くらい。

だめだ、、、全然足りない。 

 

 

 

強制給餌を考えはじめる。

 

 

 

そんなその日、もう一匹のつくしが(つくしはなぜか腎臓用フードがお気に入りになってしまった)ごはんを食べている姿を、後ろからジーッと見ていたさくら。

 

おやっ?と思ってつくしをどかす(ごめんよ、つくし)

 

するとおもむろにお皿に近寄って、

自分で食べた!!

 

カリカリ音を立てて食べた!!!

 

やったーーーー!

自分でお皿からフードを食べたのはこれが初めてだったから、とても、とても嬉しかった。