猫 さくらの腎不全発症から回復までの記録

猫 腎不全、bun140オーバー、クレアチニン11からの回復の記録です。

8 点滴14日目&三回目の血液検査

今日は血液検査の日。

病院へ行く前に、ごはんを差し出してみる。

ウエットフードの液体をひとなめだけして、昨日と同じように、興味のなさそうな瞳で私を見上げる。

 

やっぱり元気がない。

グッタリとまではいかないけど、それでもさくの体から、活気が感じられない。

ずっと猫コタツの中でじーっとしている。

それもぺたんと腹ばいに座って。

いつもリラックスしているときは、手も足も投げ出して横向きに腹を出しているのに。

昨日からは何故か、スフィンクス座りでじっとしている。

 

 

これは血液検査、数値悪くなってるんだろうな。

少し気を引き締めて、悪い結果に備えられるよう心づもりをして、病院に向かう。

 

 

 

病院へ到着。

血液検査なので、結果が出るまでしばらく待つ。

 

待合室で隣あった女性が持っているのは、スーパーのレジカゴに、小さな箱。

小さい箱になんの動物だろう?

こんな小さな動物。

ハムスターとか???

 

 

注目していたら、周りの人も同じだったようで、急遽カゴの中身のお披露目会となる。

 

 

 

中身は、

 

 

 

生まれたての子猫が二匹!

 

 

まだ目もあいていない、二匹の猫。

くっついてスヤスヤ寝てる子猫。

この世界の何事も疑ってない、ただ、ただ息をして眠っている2つの生命。

ふわっふわの毛並み。

少し触らせてもらう。

暖かい。

私が触れても何も起こってないかのように、スヤスヤ眠っている。

 

女性『朝、ゴミ置き場のヘルメットの中にいるのを見つけて。

即ここに連れてきたんです。

私が拾って、運んでもずっと寝てて、起きたとこまだ見たことがない。』と笑顔で話してくれる。

 

飼うんですか?と聞く私に、頷く女性。

柔らかい、暖かい笑顔。

 

良かったね、子猫ちゃん。

捨てる神あれば拾う神あり、なんて言葉では到底済ませられない、捨てる側は心無いヒドイ事だけど、

それでもこうして、いい人に拾われて良かったね。

いい人に出会えて、良かったね。

君たちはスヤスヤ眠ってばかりで、

君たちに起こっためまぐるしい変化なんて、なーんにもわかってないだろうけど。

わかる必要も1ミリもないけど。

それでも君たちは本当に幸運な出会いをしたんだよ。

これからも二匹で、この女性の元でスクスクじゃれあって大きくなるんだろうね。

 

 

小さな生命。

希望に満ちた生命。

 

 

膝の上に置いたキャリーのなかのさくちゃんに、そっと触れる。

痩せてゴツゴツとあたる背骨と、前より少しパサついてきた毛並み。

それでも変わらず暖かく、そこにある生命を感じる。

 

 

 

 

検査結果が出た。

診察室に入る。

看護士さん『先生呼んできますねー、結果はここに置いておきます』

 

 

 

 

見る。

 

え?

一瞬、訳がわからなくなる。

どこを見ていいか、わからなくなる。

これまでお馴染みになっていた、赤い上向きの矢印、基準値からはみ出していることを示す赤い矢印が、そこになかったから。

 
f:id:kirinchane:20170506195442j:image

 

『え!?!?!?なんで!?なんで!?』

 

悪くなっている数値を想像していた私は、真逆の数値が理解できなくって、叫んでしまう。 

 

数値が下がっていることすら想像していなかったし、それがまさか正常値になっているだなんて、夢にも思わなかったから。

『ウソ、え、なんで、ホントに??』

 

 

 

そこに先生が入室。

『先生、これ、なんで?こんなことが??』

 

先生『すごいですね!私も嬉しい。他のドクターもすごいねーって言ってます。

発見が早かったんだと思います。だいたいは数値が下がってもある程度のところで高止まりしてしまう。さくらちゃんはエコーで見ても腎臓の形もキレイだったし、発見が早かったということだと思います。

 

ただ、正常値になったからと毎日点滴してたのをいきなり完全にやめるのも怖いので、一週間に二回、適当な日でいいので点滴に来てください。

二週間後に血液検査して経過観察しましょう。』

 

 

私『けど先生、昨日からごはん食べないし、なんか元気ないんです』

 

先生『んーーー、血液検査の結果が全て正常ですし、少なくともその症状は腎臓からくるものではないですね。

しばらく様子をみましょう』

 

 

 

検査結果の正常値と、さくちゃんの様子のギャップに違和感のある私は、毎日点滴していたのを一週間に2回に減らしてしまうことが怖かった。

 

先生に聞くと、点滴しすぎて怖いのは、血が薄まって貧血になることだけれども、さくらちゃんは大丈夫、とのことだったので、

 

2日に一回の点滴にしてもらって、二週間後の血液検査で経過観察ということでお願いする。

 

 

 

 

今までの血液検査一覧表です。

一番左は、2015年に健康診断(catドック)で受けた血液検査結果。

 


f:id:kirinchane:20170506205333j:image