猫 さくらの腎不全発症から回復までの記録

猫 腎不全、bun140オーバー、クレアチニン11からの回復の記録です。

13 つくし病院へ

思えば朝からつくしに少し違和感があった。

 

食いしん坊なこの子は、朝、目覚ましが鳴ればすぐにニャーニャーニャーニャーごはんを催促する。

(目覚ましがなるまでニャーニャー言わないところが、わきまえているなといつも感心する)

 

この日は言わなかった。

起きてもこなかった。

 

なんか様子が変だなと思いながらも、長女の保育園の準備や、さくらの点滴通院準備などでバタバタして、つくしにあまり構わず外出。

 

 

病院から帰ってきても、同じところで寝ている。フードは減ってない。

 

 

つくし?

撫でる。

目はあけるも、やはりその場から動かない。

 

 

大好きなかつおを、お皿にいれて目の前に置いてみる。

 

 

食べない。 

 

食べない!?

そんなバカな。こんな食いしん坊な、かつおが大好きな子が。

 

 

さくらが体調を崩した日の様子がフラッシュバックして私は混乱した。

 

 

はっと気づいてトイレをチェックする。

 

 

 

もしかして、おしっこしてない?

 

 

さくらはいつも同じ位置でおしっこをする。

(腎臓を悪くしてから、さくらのトイレタイムはストーカーなみにチェックをしていた)

 

つくしはそれ以外の場所でする。

 

今日はつくしがおしっこした形跡がない…?

 

 

 

おしっこ出ない=気持ち悪い=ごはん食べれない=尿毒症=急を要する

 

 

さくらの腎臓病でそんな図式が即座に成り立つようになっていた私は、すぐに病院に電話をした。

電話で順番予約。

午後診察は5時スタート。

呼ばれたのは9時半だった。

 


f:id:kirinchane:20170510233117j:image

 このところさくらばっかりで、つくしに気が回っていませんでした。反省。