猫 さくらの腎不全発症から回復までの記録

猫 腎不全、bun140オーバー、クレアチニン11からの回復の記録です。

みかんのこと⑤(終)

その夜中。

みーちゃんが猫用こたつから出てきた。

 

動いた!

 

隣の部屋まで移動して、お水を飲んだ。

 

奇跡の復活が始まる!きっとそうだ!

 

わたしはそう思った。

 

 

 

水を飲んで猫用こたつに帰ってきたみーちゃんに、フードを差し出す。

 

さぁ、食べて。

ここから盛り返すよ!

 

 

わたしの意気込みをよそに、みーちゃんは全くフードには興味がない。

感情の起伏のない、平たいような、でも深いような、そんな瞳で私を見る。

 

 

 

・・・やっぱりもうダメなのかな。

 

 

みーちゃんの隣で膝を抱え込む。

 

 

 

 

翌朝。

夫の声で目が覚める。

「みーちゃんが鳴いてる!」

ニャオンニャオン、鳴き声が聞こえる。

 

急いで起きると、隣の部屋のお水を飲んだらしいみーちゃんがその場にへたり込み、おもらしをしていた。

 

弱々しい、その姿。

水たまりができたその横で、うずくまるみーちゃん。

 

 

その、生命のチカラが明らかに今にも消えそうな姿に、涙がこみ上げる。

弱々しくてガリガリで、でもフワフワした毛と丸い瞳。

みーちゃんという命の源が、本当に本当にもう消えそうになっている。

 

 

私はみーちゃんをお気に入りの猫用こたつに運び、おもらしを片付ける。

 

命の火が消えそうなのを、どう受け止めていいか、どうしてあげたらいいのか、何の答えも出ず、気づいたら私は少し眠っていたようだった。

 

 

シューハーシューハー

何かの音が聞こえて目が覚める。

 

 

みーちゃん!?

駆け寄ると、みかんの息遣いが荒くなっていた。

 

 

 

みーちゃん、みーちゃん。

私のところにきてくれてありがとう。

みーちゃんは幸せだったかな。

私はみーちゃんに出会えて幸せだったよ。

ありがとう。

またどこかで会おうね。

ありがとう。またね、またね。

 

 

最後にみかんは息を大きく吸い込み、そのまま息を引き取った。

 

 

 

とても、とても悲しかったけれど、みかんが最後に旅立つ瞬間、そばにいてあげられたことが、本当に良かったと今でも思っています。

 

そして、みかんが亡くなった直後、さくらとつくしがお互いシャーーーッと威嚇しあった姿に、

あぁ、わかっているんだな、猫ってすごいな、と思いました。

  

 

 

みかんの話は、これでおしまいです。

 


f:id:kirinchane:20170721214400j:image

 


f:id:kirinchane:20170721214507j:image

 さくらとは、よく似た姉妹でした。

色が濃いのがみかん。薄いのがさくら。

 


f:id:kirinchane:20170721214420j:image

 


f:id:kirinchane:20170721214449j:image

 つくしとは、大の仲良しだった。

よく一緒にくっついて眠ってたっけ。

 
f:id:kirinchane:20170721215210j:image

 上からみかん、つくし、さくら。

三匹、とても関係のよい、微笑ましい姿をよく見せてくれました。