さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

腎臓フード 新フードを追加♪(ザナベレ ウリナリー)

【2017.10.25追記 最下部】 

 

くらの腎臓ケアフードに新しいものを追加してみました!

評判の高いザナベレから出ている、ウリナリー。

 

ザナベレ。

いいらしい、ということは知っていましたが、購入したのは初めてです。

 


f:id:kirinchane:20170929224205j:image

 

ちなみにさくらの腎臓療法食をはじめる前は、アズミラ、ナウ、カントリーロード、グリーンフィッシュ、などなどを購入。

 

 

今回買ってみたザナベレ ウリナリー。

与え始めてから10日ほど経ちましたが、

さくら、すごーく食いつきがいいです♪

 

(ここのショップ、手書きのメモつきで商品届きました。ご夫婦で運営されているみたいで、アットホームな感じのショップな印象でした。

梱包もすごく丁寧で、丁寧すぎるのか段ボールのガムテープ、外すのに苦労しました 笑 

 

 
f:id:kirinchane:20170929224649j:image

 

 

さて、ねこちゃんのお悩みあるあるなんでしょうが、最初は気に入って食べてくれてたフードも食べなくなったりしますよね~

さくらも、最初よく食べてくれていたロイヤルカナンの腎臓サポート、今は全く口にしません( ノД`)

だからこそ、食べてくれるフードを手元に数種類置いておきたくって。

 

今回試しに買ってみたこのザナベレウリナリーは、Hit!!です(^o^)

完全な療法食に比べてリンの値が少し高いけど(0.6%)、OK!OK!です。

 

ザナベレでいいと思ったところ。

自社工場製造で、かつ、原材料に理念があるところ。

以下、原材料について引用します。

有害な着色料・保存料・合成酸化防止剤・大豆タンパク質・遺伝子組み換え作物・グルテンを含んだ穀物・BSE肉・病死肉・飼育・栽培段階で抗生物質・ホルモン剤・農薬・化学薬品などを使用した肉・野菜などは一切使用していません。

原材料の自然飼育鶏、自然飼育牛肉、自然飼育羊肉は独占的にドイツ、デンマーク、ニュージーランドの契約農場より入手し、野菜・シリアル等はドイツ国内及びイタリアの契約農家より入手しています。全ての原材料は人間が食する安全性が保証されドイツ政府の認可を受けている自然素材を使用しています。

 

 

ザナベレウリナリーがフードローテーションに加わったところで、

今のさくらのフードはこんな感じです。

 

メイン→キドニーケア(チキン、フィッシュ)

    ザナベレウリナリー

 

サブ→ハッピーキャット

   ヒルズk/d(リニューアル後に食いつきよくなりました)

 

トッピング→たまの伝説(ささみ、かつお)

      無一物(とり胸、かつお)

 

おやつ→k/dシチュー缶+オメガ3

 

 

 選べる楽しさ。

今は腎臓の療法食+ケアフード、種類が増えてきていてるし、

美味しさも追及されていて助かります。

 

(つくしもザナベレ ウリナリー、さくらから横取りして食べます。)

 
f:id:kirinchane:20170929224705j:image

 

 

【2017.10.25追記】 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ザナベレウリナリー、1袋目は順調にパクパク食べてくれてたのですが、

2袋目すぎた頃から、少し食いが渋くなってきました。。。"(-""-)"

食べるのは食べるのですが、1袋目のような「おいしい~♪」っていう感じではなくなってきて、主食ローテからも外れぎみです。

今ではサブフードとしての活躍になってます。

猫あるあるですね~、フードの飽きは。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

以下、商品紹介の貼り付けです。

 

ザナベレにお試しサイズもあったので、気になる方はどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

ヒルズ 猫用 k/d 腎臓ケアドライ 500g

ヒルズ 猫用 k/d 腎臓ケアドライ 500g

 

 

 

 

プリンピア 何も入れないささみだけのたまの伝説 80g

プリンピア 何も入れないささみだけのたまの伝説 80g

 

 

 

 

 

 

 

<