さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

新しいフード試してみました。(スペシフィック、吉岡キャットフード)

我が家の最近のフード事情は、とても安定しています。

キドニーケア、ハッピーキャット、K/D。

 

最近は腎臓の療法食、数多く出ているので、まだまだ試してないフードはいっぱい。

 

今回は、2つ、試しに買ってみました。

最小の袋が1㎏で試すには多いので躊躇していたスペシフィックと、

療法食ではないものの、療法食なみにタンパク質・リンが抑えられてるこだわりの吉岡キャットフード。

 

 

f:id:kirinchane:20171226224908j:plain

 

 

①スペシフィック

 

デンマーク生まれの自然派ヘルスフード。

このキャッチコピー、なかなかいいですね。

 

前から気になってたんですけど、最小のが1キロだから、もし食べなかった場合にダメージが大きすぎる…、って躊躇してたこのフード。

 

 

結果そのとおりになりました(´ー`) 

 

 

ちなみに、余ったフードって、みんなどうしてるのかな!?

猫の代わりに自分が食べる、、、わけないし、

捨てるか、人にあげるか…?

でも人にあげるって、開封済みだし、そもそも誰にあげていいのか皆目見当が…。

 

 

ほぼ1キロ残ってるこのフード、捨てるのは忍びなさすぎて、なんとか食べてもらうべく日を置いて何回かあげてみたり、かつおをまぶしたりしてみたんですけど、ほぼ食べません…泣

 

どうしよう、どうしよう。

すごく心が痛いです、この残りほぼ1キロ。

でも開封してもうすぐ1ヶ月たつし、年末断捨離でサヨナラしようかな。。。

 

 


f:id:kirinchane:20171226231212j:image

 

 

 

 

②特選 吉岡キャットフード

 

 
f:id:kirinchane:20171226232200j:image


f:id:kirinchane:20171226232220j:image

 

これはペピィの商品雑誌で見て、

すごくこだわって作ってそうなところと、

100gごとに小分けされてるところ、

粗たんぱく質21%以上、リン0,2%以上で療法食みたいな成分表示に惹かれて購入。

 

原材料のいちばん最初が、魚類(片口鰯、鰹)なところも、さくちゃんが好きかもなぁと思いました。

 

 

と、思いましたが、食べません…泣

 

 

なんでだろう?

なんかこういうこだわりの、国産のフード、前にも(さくちゃんも健康だったとき)2種類くらい買ったことあるんですけど、

食べなかったんです。

 

なんだろう、こだわりすぎて、お口に合わないのか?

人間でも、お高いこだわりぬいた食べ物がおいしいとは限らないのと一緒?

 

幸いこれは100gに小分けされてて、

100g×10袋で、なので未開封のがあと9袋あるんですけど、

 

でもこれ、防腐剤、抗酸化材とか使ってないから未開封でも賞味期限が3ヶ月。

 

 

どうしよう、これも使いきれない処理しきれない雰囲気がしてきた…泣。

 


f:id:kirinchane:20171226232134j:image

 

 

今回のお試しフード二種盛り、

惨敗です…。

 


f:id:kirinchane:20171226232333j:image

つくしも、どちらも食べませんでした…。

 ちゃんちゃん。

 

 

<