さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

実家のネコの思い出

今日は実家にいたネコのことを。

 

20歳目前で亡くなりました。

名前はへいはちろう。

私は進学で実家を離れたので、一緒に暮らしたのは1年くらい。

へいはちろう、交通事故にあい片足を切断しています。

私の家は田舎で、時代もあったのか、家とお外を自由に行き来していて、事故にあったようです。

 


f:id:kirinchane:20180124231003j:image

↑一歳くらいのへいはちう。

 

 

このへいはちろう、長生きしましたが、

病院も殆ど行ってないし(多分生涯で3回くらい)

ごはんも人間のも食べるし、

フードもスーパーで売ってる安いもの。

とりあえず食生活はジャンクといっても過言でない。

いわゆる健康に留意した生活とはかけ離れた生活。

 

 

片足だからお外に出れなくなったことが、長生きに繋がったことは間違いないですが、

こんな生活をしていても、長生きするネコは長生きをするんだなぁと。

 


f:id:kirinchane:20180124233608j:image


f:id:kirinchane:20180124233658j:image

↑晩年は毛がボソボソで、毛の塊がいくつもできていました。

 

 

一方でフードにも気を使って、病院にも定期的に通い、予防接種も受け、

でも早く亡くなってしまう子もいる。

 

 食生活や適切な医療が健康を守るのは言うまでもないことですが、

それだけで説明がつかないのも真実。

…持って産まれた命の強さとでもいうのか、

個体差って果てしなく大きいなぁ、って当たり前だけどしみじみ思います。

 

 

 

 

今わたしに出来ること。

さくらとつくしが持って産まれてきた命の強さを、伸び伸びと活かせる環境を整えること。

 

これからも健康管理、していってあげたいなぁと思います。

 

 
f:id:kirinchane:20180124233747j:image

 

<