さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

4月も終わり。ワークライフバランス猫編

ゴールデンウイーク中。

四月も終わりですね。

 

 

仕事に復帰して、ネコたちに構う時間がガクッと減りました。(悲しい)

 


f:id:kirinchane:20180430082026j:image

 

まだ生活リズムにも慣れてなくって、人間側の事だけで精一杯。

ネコたちのことは最低限になってます。

歯磨きも毎日してたのが、3日やらなかったり。

で、3日ぶりに歯ブラシ持って近づいたら、

さくらもつくしもパッとどこか雲隠れしてしまいました(^^;)

 

 
f:id:kirinchane:20180430082219j:image

 

フードの管理も、ますますテキトーに。

以前は、さくちゃんが食べたそうな雰囲気がしたら、こまめにあげたり、

フードも手を変え品を変え、

あの手この手であげたりしてました。

 

 

それはもうムリなので、

朝は腎臓療法食に焼きかつおや下部尿路配慮ちゅ~るなどを、ごくごく少しかけて、

食いつきをアップ。

それで食べてもらって、ラプロスの投薬。

 

仕事に出かける前に、お皿を変えて、ハッピーキャットと腎ケアのドライフードを適量入れて出かけています。

 

 
f:id:kirinchane:20180430082249j:image

 

、、、なし崩し的に、つくしも腎臓療法食を食べてもらうことになってます。

 

健康体のつくしは、本当は療法食じゃないほうがいいんだろうけど。

(獣医さんにも、健康な子だとたんぱく質が足りなくなったりすると言われた。)

 

だけどつくしも7歳になってシニアデビューだし、

腎臓療法食、拡大解釈でシニア食ということで、、、、

って苦しいかな?

でもなんとかそれでお願いしますm(__)m

、、、ということにしています。

(朝と晩、私の目が届くときには、たんぱく質高めのアダルトキャットのフードでバランス取ってるつもり、、、)

 


f:id:kirinchane:20180430083628j:image

 

 

これ、もしさくらの同居ネコが、子猫や1-2歳の若いネコだったとしたら、こんなこともできないし、フードの管理はさらに大変だろうなぁ。

 

 
f:id:kirinchane:20180430082316j:image

 

そんなこんなで生活リズムが変わりましたが、

なんとかやっています。

 

日中私がいなくなって、夜もそこまで構ってくれないのが寂しいのか、

さくらが夜、私のお腹に乗ってくることが増えました。

 

 

可愛い。

重い。

可愛い。

幸せ。

ありがとう。

 

 
f:id:kirinchane:20180430083658j:image

 

最近のさくら。

朝晩ラプロス。

週1で50cc輸液(シリンジ)

メインフード→ハッピーキャット、ドクターズケアキドニーケア、腎ケア

食いつきアップトッピング→いなば焼きかつお、下部尿路配慮ちゅ~る、アイシア下部尿路配慮健康缶

 

 

 

病院を変えて、血液検査は2ヶ月毎になりました。

次回は5月末あたりに検査予定です。


f:id:kirinchane:20180430082400j:image

(↑猫の後頭部、大好きです♪)

<