さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

46 最近のさくちゃんの体重現状時系列で。腎不全発覚後1年7ヶ月。

こんにちは。

文化の日、祝日ですね。

11月に入って、秋も深まってきましたねー。

朝晩のキリリとした寒さ、好きです。

 

 

さて、さくちゃんは、もうホントーに相変わらずです。

・食欲低空飛行

・でもわりと元気

・リバースもあんまりない

・でも徐々に痩せてきてる…(だって

圧倒的に自分で食べる量が少ないもん(+o+))

 

 
f:id:kirinchane:20181103165836j:image

 

最近計った体重は、

2.930

でした。

元々3.4キロの子で、

腎臓病発覚して、痩せに痩せて2.6キロ。

その後、復調して3.2で安定してたんですけど。(;´Д`)

 

今回、数値が悪化してるのと比例して、

食欲も減って、

体重も減ってきてます。。。

 


f:id:kirinchane:20181103165856j:image

 

 

シリンジで給餌してるんですけど、

(強制給餌)

補ってるカロリーは、さくちゃんの必要カロリーのおよそ半分。

100キロカロリーくらいです。

 

自分で食べてくれるように、アレコレ、

療法食に限らず、

試行錯誤してるんですけど、

成果はあまり得られてません(;´Д`)

 

 

シリンジの給餌、もうちょっと量増やそうかなぁーーーー。

うーむ。

 

 
f:id:kirinchane:20181103165940j:image

 

 

 

今日は、さくちゃんの体重、

写真が残ってる限りですが、

まとめてみました。

 

 




f:id:kirinchane:20181103120939j:image


2018 2月13日

3.22キロ

 

まだまだ安定していた頃。

bun42.3

CRE2.6

 

 


f:id:kirinchane:20181103121034j:image

8月31日

3.03キロ(▲190g)

 

毛並みがパサっとしてるので気づいた、

食欲低下、体重減少。

直近の血液検査は8/5

bun 43.0

CRE 2.7

 

 


f:id:kirinchane:20181103121313j:image

9月15日

3.045(▲175g)

 

続く食欲不振と、

なかなか戻らない体重に

定期検診(この頃は2ヶ月に1回でした)

を前倒しにして行く必要があるかも、

と思っていた頃。

 

 


f:id:kirinchane:20181103121607j:image

10月13日

2.965(▲265g)

 

数値悪化発覚後、さらに数値悪化が発覚した頃。

 bun 81.2

CRE 4.6

 


f:id:kirinchane:20181103121829j:image

10月21日

2.960(▲260g)

 

数値が少し改善してて、少しひと安心だった頃。

 bun 73.8

CRE 4.0

 


f:id:kirinchane:20181103121930j:image

11月1日

2.930(▲290g)

 

今月入ってさらに減ってしまいました…。

再来週に血液検査です。

どうなってるかなあ。

感覚的には維持、もしくは微増、です。

 

 

 

なお、体重は、いずれも輸液の影響がないときです。

(輸液から丸1日以上経ってから測定)

体重は、食事のタイミング、排便排尿のタイミングもあるし、

少しの増減で一喜一憂するのはあまり意味ないことかと思います。

けど、さくらは確実に下落傾向路線なので、

もう…どうしたものか、、、

日々思案しています。

 

 


f:id:kirinchane:20181103170020j:image

 

わたしができることは少ないですけど。

 

 

それに…

ある意味「終わり」を意識しています。

腎臓は今のところ元に戻るようなものではないし、

劇的に治ることもないんだろうし。

 

で、「終わり」を意識したとき、

=さくちゃんが旅立つときに、

「なかなかこの猫生はイケてたな!」

って思ってもらいたい。

願いはそれだけです。

 

だから、さくちゃんが快適に気ままに暮らせることを優先してお世話してます。

過剰な治療や療法食にこだわることはしていません。

「さくちゃんは快適かなー?」

がお世話決定の唯一のポイントです。

 


f:id:kirinchane:20181103170039j:image

 

・脱水ふせぐ輸液はマスト

・血圧下げるラプロスもマスト

・リン吸着する吸着剤もマスト

・食べれてなくてフラフラになるのをふせぐ、強制給餌もマスト

(↑吐きはじめたら、また変わるかも)

 

 

でもでも、諦めてるわけじゃ決してなくって、

(だって、勝手に諦めるってさくちゃんに失礼!)

さくちゃんが自分で食べたいな、

って思うフードを探すことは、

これからも精進して開拓して見つけたいなぁと思ってます。

 

 

 

そんなこんなで、

全くまとまりありませんが、

現状こんな感じでした。

 

 

ではでは、よい週末を(^^)/

 

 

 
f:id:kirinchane:20181103170056j:image

つくしさんは変わらず元気に暮らしてくれてます♪

<