さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

51 病院前夜 ラプロスにフォルテコール追加して2週間

こんばんは。

明日はさくちゃんの病院予定です(^^)

 


f:id:kirinchane:20181125225428j:image

 

 

 

2週間前、ラプロスにフォルテコールを追加しはじめました。

先生からは「明らかに調子がおかしかったりしたら、連絡するように」

と少し脅され(?)たのもあって、

ビビりながら始めて2週間経過。

 

 

 

今のところ、様子に変化はありません。

・・・むしろ、「調子良さそう」って思う瞬間が前より増えました。

もちろん、「今日は調子悪そうだな~」って思う日もあるんですけど。

 


f:id:kirinchane:20181125225456j:image

 

 

最近、読んでた本に(「猫とわたしの終活手帳」 服部 幸 )

「命は「よい波」と「悪い波」を繰り返し、波打ちながら消えていくことが多いようです」

という趣旨のことが書いてあり、なんだか妙に納得してしまいました。

 

 

さくちゃんはまだまだまだまだまだまだ!!!

消えていったりしませんが、

確かに「よい波」「悪い波」波打ってるのを実感します。


f:id:kirinchane:20181125225525j:image

 

 

 

一方で、健康体のつくしさんは波を感じさせません。

そう思うと、健康って「凪」みたいなもん?

そうだとしたら、「凪」が当たり前なはずはないのと同じで、

「健康」も当たり前じゃないんだなぁ。ってしみじみ思います。

 

健康でいてくれるつくしさん、今はつい、さくちゃんばかり目がいって、

ややもするとケアが疎かになりがちですけど、ちゃんと気を付けてあげないとなぁ。

 


f:id:kirinchane:20181125225608j:image

 
f:id:kirinchane:20181125225546j:image


f:id:kirinchane:20181125225640j:image 

(↑半日陰のつくしさん)

 

 

 

 

さて、そんなこんなでラプロスにフォルテコールを追加して2週間。

先生曰く「基本的には数値悪化する。ただし、合う子には合って数値も改善する」

ギャンブル。そんな投薬。

(でも・・・ギャンブルって紹介する前に、フォルテコールの猫の適用が「慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制」なんだから、尿検査とかしてから投薬検討、とかしてくれないのはナゼ(・・?。。。などなど、思うところは色々あります・・・)

 

 

 

明日は経過観察の血液検査。

この数値の如何を見て、今後フォルテコールを続けるか否かの判断をすることになります。

いつもの血液検査もドキドキするんだけど、

明日はさらにドキドキしそうです。

 

 

 

 

最近のさくちゃんは、遊んでくれたり、走り回ってたり、

調子良いな、って思うことは増えたんですけど、

食は相変わらず細いです。


f:id:kirinchane:20181125225826j:image


f:id:kirinchane:20181125225854j:image 

 


f:id:kirinchane:20181125225926j:image

 

 

 

以前にも書いたとおり、シリンジで給餌、1日100kcal程度は続けていますが、

(さくちゃんの必要カロリーのおおよそ半分)

自分から食べる量が少ないので、徐々に徐々に痩せてきています。

数日前計ったときは、2.9を切って、2.89キロでした。

 

キドナも3箱目がもうすぐ終わりそうです。

また発注せねば。

 

 


f:id:kirinchane:20181125225952j:image

 

さくちゃんも私も、無理がない程度に腎臓に対するケアをしつつ、

QOLを保てるベストバランスを適宜修正しながら見つけていきたいです。

これまでも、これからも。

 

 

明日、病院がんばります^^

ではまた!

 

 

 

 

<