さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

シリンジ給餌、やめて5日目。

こんにちは。

 

さくちゃんに、一律で朝晩、

シリンジで給餌するのをやめて、

今日で5日目です(^-^)

 


f:id:kirinchane:20190103154732j:image

 

 

とりあえずスタンスとして

・殆ど食べないのが1日以上続いたら、翌日にシリンジ給餌を検討する、

にしてみてます。

 

 

で。

元旦のおとつい、食が細いのが続いたので、

翌日の2日も食が細いようならシリンジ給餌しようと思ってたのですが、

翌日は結構食べてくれました。

 

 


f:id:kirinchane:20190103154805j:image

 

今のところ5日目ですが、

シリンジ給餌は中断したままです(^-^)

 

 

食が細い日があっても、

さくちゃんなりにバランスを取ってるのかもしれない。

さくちゃんの体内リズムや生命力。

信じつつ見守ってます。

 

 


f:id:kirinchane:20190103154822j:image

 

んー。

今まで。

シリンジであげてたことによって、

お腹すいた、なんか食べたいな、っていう気持ちを削いでたかもしれないなぁって思ったり。

 

 

 

要は何でもバランスですかね~

 

腎臓患ってるさくちゃんに、

全てが全て、さくちゃんの生命力まかせ!

は何か違うと思うし、

 

でも何でもかんでも私のお世話がいるかというと、それも違うし。

 

 

いい塩梅で手をいれてあげること。

これが大事なのかなぁと。

 

 

 


f:id:kirinchane:20190103154906j:image

 

話少し飛びますけど、

車の教習所で、初めてハンドル握ったとき、

予想以上に細かくハンドル調整・微調整するのに驚いたっけ。

なんかこう、もっと、曲がるときだけ!とか、それくらいのざっくり感でハンドル握るもんだと思ってて。

 

まっすぐな道でも、微妙に微調整しながらじゃないとまっすぐ進まないことが新鮮な発見だったっけ。

 

 

 

さくちゃんのお世話も、この車のハンドルみたいなイメージで。

その時その時で随時随時、微調整微調整。

気を抜かず、かつ、運転自体も楽しみながら、共に道を行く。

 

道行く先は「さくちゃんが快適でいられること・一緒に過ごす日々を繋いでいくこと」です(^-^)

 

 

共に過ごす毎日が宝物。

ハンドル捌きの達人になりたいです。

 


f:id:kirinchane:20190103155324j:image

 

ではではまた(^^)/

<