さくらとつくし~猫の腎不全発症から回復までの記録。そして日常~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録です。 そして同居猫のつくしとの2匹の日常と、日々の想いを、ネコに乗せて綴ってます。 no cat no life!

愛猫が病気になったらどうするか

こんにちは。

さくちゃんの日々を思い出す毎日です。

さくちゃんが腎臓病を発症してからの

約2年間はさくちゃんの命と向き合った

2年間でした。

じっくりゆっくり、向き合わせてくれて

ありがとうの気持ちです。


f:id:kirinchane:20190502114011j:image

(2018.12月撮影 子どもが書いた絵がお座布団)

 

 

 

大切な猫が病気になったら。

どういう生活になるか、

どういう生活にするか、

最終的に決めるのは飼い主さん。

 

 

判断基準は色々ある

・治る病気なのか治らない病気なのか

・猫のQOL(生活の質)

・積極的治療をどこまでするか

・猫にかけられるお金はどこまでか

・猫にかけられる時間と手間

・元々持ってる死生観みたいなもの

 

etc.

 

 


f:id:kirinchane:20190502114111j:image

(2018.12月撮影 イケアで買ったビール)

 

 

私も上記のようなことは、

この2年で都度都度考えました。

命について深く考えたことがなかった私に

何度も何度も向き合わせてくれる機会を

くれたさくちゃん。

 

猫はどうしたって人間より寿命が短いから、

身をもって生きるところも死ぬところも

人間に見せてくれる。

猫から学ぶこと。

学んだこと。

本当に尊い存在。

 

 

自分の人生観。死生観。

フワ~っとしてたもの。

でも言葉にできないだけで

前から持ってたもの。

 

さくちゃんの命と向き合うことで

言葉で表現できるくらい

核がハッキリしたこの二年。

 


f:id:kirinchane:20190502114213j:image

(2018.12月撮影 どあっぷ)

 

 

死なないために生きてるんじゃない

大それたことなんてできなくていい

日々が、普通の日々こそが何よりも貴重

命なんてそこらへんに当たり前に転がってる

けれど目の前の命こそが奇跡

命は有限

いつ終わるかわからないからこそ、

その時その時を堪能して楽しめばいい

 

 

言葉にすると当たり前のこと

でも自分の言葉に落とし込めたこと

意義のあることだなぁと思います。

これも、さくちゃんが私に残してくれた

ことのひとつ。

 

 

 

ブログ整理してたら、

3ヶ月前に書いてた下書きが出てきました。

途中で終わるけど、そのまま貼り付け。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(以下2019.2月に書いてたもの)

さくちゃんと自分のこと。

さくちゃん、腎臓悪いけどお薬や輸液や療法食やサプリ・・・

色々頑張ってる。

わたしも努力してる。

 

 

それでも徐々に悪化していく数値。

痩せてきてるさくちゃん。

2年前ほどの写真を見返すと、

あきらかに小さくなってるさくちゃん。

 

「もっと何かしてあげたほうがいいんかなぁ」

「してあげられてない自分は飼い主失格なんかなぁ」

「もっともっと努力しないと足りないのかなぁ」

時々そんなモヤモヤな気持ちに襲われる。

 

 

今まで積み重ねてきた時間。

いつもそばにいてくれたさくちゃん。

そんなことを思うと

自分のふがいなさと相まって、

胸と目頭が熱くなる。

 

 

 

 

ずっと一緒にいたいなぁ。

そばにいてほしいなぁ。

さくちゃん、死んでほしくないなぁ。

 

 

 

・・・"(-""-)"

でもなぁ。

さくちゃんには死んでほしくないし

自分だって死にたくもないけど

死なないために生きてるわけでも、

ないもんなぁ。

 

 

私が自分なりに努力してるのも、

「さくちゃんを死なせない」

そのことが目標じゃないもんなぁ。

 さくちゃんに幸せな猫生送ってほしい

 

わたしはさくちゃんと一緒に過ごす時間

猫生、人生、一緒に過ごす時間。

楽しむために生きてるんだもんなぁ。

 

 

あー、そうか。

それなら、いくら体のためでも、

さくちゃんのゴキゲンにすごせる時間を

奪いすぎるのは×だ。

あとは自分のキャパを超える治療や投薬や

サプリは、本筋から外れるから×。

 

 

 

楽しむために、幸せ味わうために

生きてるさくちゃんと私。

そこを忘れてはいけないなぁ。

(以上2019年2月書いたもの)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 



f:id:kirinchane:20190502115230j:image

(2018.12月撮影)

(買ってきた葉付き人参に群がる)

 

 

 

さくちゃんが旅立ってから、

もうすぐ1ヶ月。

わたしはまだ何だか、ぼーっとしています。

心に穴が開いてて、虚無感が少し。

仕事や家事や、日々しないといけないことは

それなりにこなせているのですけど、

「なんか心が元気ないなあ」

ってそんな感じです。

死は乗り越えるものではない、と聞くし、

寄り添うしかないのでしょうか。

 

 


f:id:kirinchane:20190502114832j:image

(いつも癒やしをくれるつくしさん)

(でもレンジフードの上には乗るな~(^-^;)

 

 

 

それではまた(^^)

<