さくらとつくし~猫の腎不全と日常の記録~

猫のさくら、元保護猫・ギザ耳ニャンコです。 2017.3月腎不全発症。 bun140オーバー、Cre11からの回復の記録。2019.4.6旅立ちました。 ありがとうさくちゃん。

猫さんとのご縁とは・・・って書いた翌日になんと

こんばんは。

 

もう、先に書いちゃうと、

うちに、ニャンコとのご縁がやってきました。


f:id:kirinchane:20190624235902j:image

 

想定していなかったところから

ドンピシャなニャンコ・・・

 

 

NNN(前回記事参照)に所属した

さくちゃんからの派遣ニャンコに違いないです、これは。

(あれ・・・若干やばいこと口にしてますかね・・・?

でも真実です、ごめんニャさい)

 

 

www.sakura-tsukushi.com

 

 

 

前回書いたように、

さくちゃんが遣わしてくれる予定の

ニャンコとの出会いを励みに暮らしてた私。

 

道の茂みに目を凝らす日々。

 


f:id:kirinchane:20190624235913j:image

 

一方、その話はさておき、

何個か前の記事にかいたように、

このブログのGoogleアドセンス収入、

あるとても頑張っておられる団体さまに

寄付できるよう変更手続きしていて、

最近、無事にその変更手続きが完了したところなのです(祝(*^^*))

 

 

www.sakura-tsukushi.com

 

 

そして。

寄付させていただけるだけでなく、

見学に来てOK、と暖かいお言葉も頂いていたので、

喜んで訪問させていただくことにしてました。

 

 

で、その訪問を楽しみにしているだけでなく、

もしもそこで、ピン!とくる猫さんがいたりして、

ニャンコとのご縁もそちらであったりして…(^^)

なんて思ってた私。

 


f:id:kirinchane:20190624235936j:image

 

でもやむを得ない諸般の都合で訪問予定日が延期になったり、

再設定させてもらった日に合わせて、

会ってみたいニャンコを言ってみると、

すんでの差でお申し込みが決まってしまっていたり・・・

 

そんなことがあり、

私は「あ~、これは、我が家にはまだまだご縁は結ばれない感じやなぁ」

「こればっかりはしょうがないよなぁ」

「ご縁だものなー」

って思っていました。

それがおとつい土曜日の夜の話。


f:id:kirinchane:20190624235945j:image

 

ご縁ないなぁって、

すこーし気落ちしてた私。

夫が夜遅く帰ってきてから、

そんな話をしたり、

保護猫のブログ読んだりしていて、

目についたのが里親会のチラシ。

あれ、これ明日の日曜日だ。

車で30分のとこだ。

明日、何の予定もないし、行ってみる?

それが決まったのは夜中1時頃。

 


f:id:kirinchane:20190624235953j:image

 

 

翌日曜日。

あまり期待もせず立ち寄った里親会。

キジの子猫がいて、

さくちゃんがキジ猫だったから、

近寄らずにはいられない私。

 

で、近寄ってみると、

「キャッ」

え( ゚Д゚)!?

今なんと!?なんと鳴きました?

今「キャッ」って鳴いた!?( ゚Д゚)

うちはさくちゃんが時々「キュッ」って鳴く猫だったから・・・

その鳴き方に、一瞬で心が惹かれました。

 

 

そして保護主さんとお話してみると

え!

ちかっ!

ウチから自転車でいける距離。

ここの会場、車で30分だけど・・・

え!

動物病院も一緒のとこ( ゚Д゚)

 

もうなんだか一気に保護主さんに対しても

ご縁を感じてしまって、

「ぜひこの子をウチに迎えたいです」

って言ってしまってました。

(迷いなし)

 

 

 

 

共働きで日中留守番時間が長いウチ。

そこが心配そうでしたが、

先住猫(つくし)がいて子猫ちゃんが寂しくなさそうなのと、

何かあったらもちろん仕事は休みます、って言う私を

信じてくださって、ありがたいことにウチに決めてくださいました。

 


f:id:kirinchane:20190625000010j:image

 

そんなこんなで、

今日(月曜)からトライアル開始してます。

 

そんなわけで、

ウチにニャンコちゃんがやってきました(*^^*)

 

 


f:id:kirinchane:20190625000023j:image

 

 

 

続く

<